読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユリのハラ腹日記

過敏性腸症候群を抱えて生きにくさはあるけれど、キラキラしたものも見つけてやっていこうよ、自分の人生。鬱でもあります✌

東京まで3

「それは私は約束したことは守りますよ」

「先生、イヤなんですか?!」

私はせっかく3連続で病院にきたのに、先生が大した反応もしてくれず、むしろ渋っているかのような態度でいることが少し不満だった。

「いや、イヤじゃありませんよ。私は全ての人に…………平等です」

そして、目を閉じてしばらく考えると、女性カウンセラーK先生の名前をあげた。

K先生。とても珍しくはじめて耳にする苗字だった。

先生が前から私にと考えてくれていた先生に違いなかった。まるで、今考えたばかりというポーズをとっているが。

何しろ私達の付き合いは7年にもおよぶ。先生のことはだいぶわかっているつもりだ。

「じゃ、良いお年を」

まだ12月9日だ。早すぎる。私が笑うと、アメリカ滞在が長かった先生は、

「Merry Christmas and Happy new year」

と言い換えた。

先生に英語で挨拶された。

私は、早い〜〜と言い、なんだか気恥ずかしくて長いこと顔を伏せていた。

「早かったですか。すみません」

そう言ってくれた先生に何もこたえることができなかった。

 

自宅に戻って、先生にメールを送った。

「今日はどうもありがとうございました。

 

Merry Christmas and Happy new year」