読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユリのハラ腹日記

過敏性腸症候群を抱えて生きにくさはあるけれど、キラキラしたものも見つけてやっていこうよ、自分の人生。鬱でもあります✌

東京まで

エッセイ 過敏性腸症候群

東京に行ってきた。7年ほど前からお世話になっている精神科の先生に会うためだ。今は、近くにあるからという理由だけで、近所の精神科に行っているが、こちらをやめて早く東京の先生のところに戻りたい。

近所の精神科にはもう10年ほどかかっているが、ちっとも良くなる兆しがない。先生も四人目だ。

鬱の治療になんでこんなに時間がかかるのか。

この10年、私には様々なことが襲いかかり、そして何も訪れなかった。

過酷な10年だった。

東京の先生に診てもらうためには、東京に行かなければならない。

これが私にとって最大のハードルだ。

バスや電車が怖い今の私にとって、東京に行く=ニューヨークに行く、に匹敵するくらい大変なことだからだ。

今回と前回は父の車に乗せて行ってもらった。これがまたキツい。

車に乗って首都高を行くのは、トイレがない、ということ。

安定剤を飲み、何事もないよう祈るのみ、だ。ここまでするのは、先生に課題を与えられているからだ。先生の病院に行くこと。それを月一回、3ヶ月続けられたらこちらに転院してよい、と。だから私は鼻息荒く頑張る。

先生は言う。

「今日は何しにいらっしゃった?」

ふん、とぼけて〜(笑)

私はあと一回だから続きで来ました、と答えた。

夏から下痢をしていたことを話す。先生はイリボーは良いと言う。

ラミクタールという薬をそちらで出してもらったら?と言い、私が持参したお薬手帳に、ラミクタールと書いてくれた。

ちなみに近所の先生は、東京の先生の存在を知らない。

他の病院で教えてもらった薬を出して下さいなんて……。

「言いにくいなぁ……」

と私が言うと、

「不意に閃いた、とかさ」先生は笑って言う。

「降りてきた、とか?」私。

「降りてきて、手が勝手に書いてました、とかさ」(笑)

そんなうまくいくもんかい!

そして最後にこう言う。

「じゃ、あと2回ね」

「ええっっ!!あと1回じゃ…」

 

夏場に行けなかったので、今まで行った3回は、リセットされてしまったのである。

くそ〜〜!!あの狸オヤジ、絶対また行ってやる〜〜(><)